今トレンドの小銭入れの特徴の紹介

小銭入れのトレンドを紹介します

小銭入れは、500円硬貨をはじめとする小銭を収納するためのものです。小銭入れを容量の点から分類すれば、大容量型・中容量型・小容量型と分けられ、材質面から分類すれば、牛革・本革・ナイロンなどに分けることができます。なかには興味深い材質として和紙で作った小銭入れもあり、なかなかしっかりとした材質感・耐久性から一定のファンを獲得しています。小銭入れの本来の目的は、コインを収納しておくものと言えますが、服に流行があるように、小銭入れにも時代に合ったトレンドというものがあるようです。とりわけ、ブランドものの小銭入れは価格が高く、それだけにファッショナブルで機能性にも優れています。また、最近では、各種カード類をあわせて所有する方も多く、小銭入れの中にカードを入れる機能を付加したものまで販売されています。

小銭入れの3つのトレンドの特徴

小銭入れの最近のトレンドとして、主流はラウンドファスナータイプのもの、さらにコンパクトタイプ、ボックスタイプを挙げることができます。ラウンドファスナータイプは、従前から販売されていますが、コインを入れておくところとカード類を入れるところを幾つも設け、多くのカード類を収納できるようにしている点が特徴と言えます。収納力に力を入れている分、小銭入れ自体の大きさは大きくなり、大容量型に分類できます。次に、コンパクトサイズのものですが、これは純粋にコインだけを入れるためのものです。片手の上にしっかりと載せることができ、軽くて丈夫な素材を使用している点が特徴です。しかも、スーツの前ポケットに入れても違和感なく仕事をこなすことが可能です。さらにボックスタイプがありますが、これはボックスの中にコインを入れ、その他の部分にカード類が多少入るような仕組みです。中容量型に分類できるタイプです。

ハンドメイドの小銭入れの特徴と良いところ

小銭入れは実にさまざまなものがありますが、国内には手作りの革製品を扱う企業が少なくありません。その一環として、小銭入れを生産しており、H社という企業の小銭入れには定評があります。その理由は、完全受注生産を採っていること。お客さまから注文を受け、それから革の裁断・縫製・仕上げに入るというものです。もちろん、お客様のニーズにあわせイニシャルを入れることも可能ですし、特別な模様やデザインに仕上げることもできます。時間はかかりますが、革を専門に扱う職人さんが真心をこめてひとつひとつ丁寧に仕上げる製品には、職人の魂とも言えるものが宿っています。実際に愛用している人のコメントによれば、「温かさとぬくもりを感じることができ、手放すことのできない小銭入れ」と評されており、その出来栄えを拝見したくなるとともに、一度は使ってみたくなる衝動に駆られます。ハンドメイドにはこんな良さがあるのかと実感できるものです。

職人が作り上げた革製品は、使う喜びを存分に味わっていただけます。 世界でひとつのジャパン・メイドをあなたも使ってみませんか? GANZO(ガンゾ)で取り扱っているヌメ製品はほどよい風味をあじわっていただけます。 GANZO(ガンゾ)では本物を追求したメンズ革製品を取り揃えています。 本物を追求したメンズ革製品をお探しの方はGANZO(ガンゾ)へ。 きっと見つかる!お洒落な小銭入れ

Scroll To Top