今トレンドの小銭入れの特徴の紹介

小銭入れ選びの際はここをチェック

お金をスマートに管理するには小銭入れはおすすめアイテムです。ちょっとした買い物の際にさっと取り出すことができますし、長財布や二つ折り財布が小銭でパンパンに膨らんでかっこ悪くなることもありません。何より、お財布を2つに分散させることでスリや置き引き・家に忘れたなどの万が一のリスクも分散させることができます。場合によってはお札やカードが入ったお財布は見せることなく支払いした方がよい場面もあるでしょう。せっかくこれらのメリットのためにわざわざ小銭入れを別で持つのでしたら、使いやすいものを選びましょう。わざわざ両方持ち、支払いの際に2つの財布を取り出してお金を探し出すというのは手間です。そういったデメリットを解消させるためにも選び方には注意です。

値段はピンからキリまであります

最近では100円ショップでも売っている小銭入れ。ただビジネスのシーンで使うとなるとかっこ悪いです。支払いをスマートにするためのアイテムとして持つのですからある程度こだわりましょう。本革のものとなると1万円くらいまでの予算は考えておく必要があります。もちろん2万円以上となれば最高級の商品が手に入るでしょう。カバンや大きなお財布ともなると2万円でよい品というのは難しいです。2万円ならまだ何とかなるというサラリーマンは多いでしょう。どうせなら2万円まで考えて選んでみてもいいのではないでしょうか。小銭入れというちょっとしたアイテムを上質なものに、となるとおしゃれ上級者に見えて株も上がります。飲み会や職場でのちょっとした集金の際、部下たちは意外と見ているものです。

形状や構造によって使い心地が違います

小銭入れにはさまざまな種類があります。古くからあるのは馬のひづめに似た馬蹄型やがま口。その他にもBOX型やファスナー型などもあります。タイプによって小銭の取り出しやすさや入る量・隙間からの漏れの確率の高さなど異なります。カバンに入れておくならともかくズボンのポケットなど動きが激しいので漏れやすいタイプだと小銭を落としてしまいそうです。ポケットに入れるなら容量の高さよりもコンパクトさが重要になります。小銭入れとは言ってもカードも入るようなタイプもあり、それだとミニ財布ということで使いこなせるでしょう。カードが多いという方はこちらに毎日のように使うメインのカードを入れておくというのも使いやすさが高くなりおすすめです。自身のライフスタイルや支払い方法に合わせて形選びをしましょう。

Scroll To Top